NetBLOOM有限会社ネットブルーム - 仮想化,クラウド時代のトータルITコンサルタント - IT診断サービス

IT診断サービス
IT診断サービス イメージ図

昨今、多くの企業が、より高度な情報活用を目指してIT資産の導入に取り組んでいます。
しかし、「当初思い描いたような情報活用レベルに到達できていない」、
「運用コストが増大している」など、導入後に多くの課題を抱えている企業も多く存在します。

NetBLOOMではIT資産の運用や活用に問題を抱える中小・中堅企業に対して、問題点や今後必要となる施策の洗い出しを行うコンサルティングサービスを積極的に行っております。

これらのIT診断サービスでは、お客様のIT資産価値を最大に発揮して、本来のビジネスを成功に導く為の実現手段をIT関連のみならず、他業種のパートナー様とも連携してご提供しております。
新たな事業の創出や自社のIT資産の運用・管理に問題点を感じた場合は、是非ともご相談ください。
NetBLOOMでは、お客様の持つそれぞれの問題点に関して、時にはスクラッチ&ビルド、時には保守的に、そして何よりもお客様のビジネスを活性化する事によるコミットメントを目標としたサービスを展開しております。

IT診断コンサルティング事例

カテゴリ問題点対策内容(概要)
ライセンス
管理
ライセンスの概念が理解できておらず、煩雑な管理になっており、購買ルートもまちまちで行使できるディスカウントも得られていない追加・更新なども手続きにも毎回時間を要している結果として多くのコストロスが発生している。 管理面とコスト面を考慮の上で、調達ルートの見直しと、ライセンス構成の最適化に成功して、20%のコストダウンを実現した。
ネットワーク
インフラ
よく分からないので何年間も放置しており、無駄なコストが発生している上に、性能は低い。新たなサービスも登場しているが、どれに変更すれば良いのかも分からない。管理者が退職(または不在)で現状把握もできていない。 迅速な現状把握とコストシュミレーションを行い、ネットワークインフラを抜本的に見直し結果的には電話回線なども含めた見直しとなり、3年間で200万円以上のコストダウンを実現した。更にVPN等の冗長性も確保して堅牢性の高い新たなネットワーク環境を実現。
サーバー
インフラ
老朽化したサーバーで古いシステムが稼働しており、既にメーカーの保守も期限切れの為に、故障した場合には復旧が不可能になる可能性が大きい。但し、システムのリニューアルの計画は無い為に、このまま延命すべきなのかをジャッジできない。 システムをこのまま延命するケースとリニューアルするケースを具体的にシュミレーションして、費用対効果を明示的に提示した。直近の対策は仮想化技術などの延命であったが、最終的には販売管理システムのBPRを行い、パッケージ導入にも成功。
クライアント
資源
クライアントが必要とする資源が多種多様化しており、OSのアップグレードやセキュリティ要件などにも追従できないアプリケーションや同時稼働時に、コンクリフトを起こしてしまうシステムが存在する。これらを都度対応しており、管理コストも肥大化している。 クライアント資源の管理方法と稼働環境を最適化する為の要件マトリックスに基づいて解決方法とナレッジデータベースの構築を実現して、管理者の人員削減を実現した。更にはJ-SOX対応のマイルストーンを構築して現在実施導入中。
ナレッジ
マネージメント
Sierの勧めで、高価な分析ソフトを導入したが、使用方法どころか、活用の目的も曖昧であり、このままでは費用対高価もマイナス面しか算出できない。 目的を再度明確化して要件を絞り込み、また、プライオリティの付与による段階的活用を行った。ナレッジベースではオンラインマニュアルやOJT項目を設けて、一定の操作技術レベルを確保する事に成功。
マーケティング
/BPRなど
インターネットでECサイトを運営しているが、集客率やコンバージョン率が向上しない。それによって在庫管理にも連携する為、社内の作業も合理化できる筈が運用ルールが曖昧でむしろ面倒になって困っている。 インターネット戦略の立案見直しと、目的の絞り込みを徹底しておこない、少ない予算で集客率を向上する事を実現した。システムの運用に関しては、取引先様に交渉の上で在庫管理の一元化を行い合理化と人員削減も実現できた。

※上記記載内容は事例の一部を抜粋した内容の概要です。その他の事柄などでも承ります。

IT診断サービスに関するお問合せはこちら