NetBLOOM有限会社ネットブルーム - 仮想化,クラウド時代のトータルITコンサルタント - 最新エントリー

  • RSS
  • RDF
  • ATOM
BLOOMログ

Citrix XenServer 5.0

2009-04-17 18:44:11

昨年末に出荷開始されました、CitrixXenServer5.0の社内評価を
開始しました。
旧MetaFrame(PresentationServer)(現在はXenApp)でSBC分野のパイオニアとなったCitrix社が、オープンソースの仮想化ソフトウェアXenを商用ソフトとして提供していたXenSourceを買収してから初めて本格的に販売を開始した製品となります。
Citrix社はMicroSoft社とも提携関係にあり、同社のHiper-Vとの互換性も確保するなどWindows環境での高い親和性も実現していくようです。
これらに加えて、Oracle,RedHat,Sunなどの主力ベンダーも仮想化プロダクトを保有して、着々とVMware包囲網が形成されつつあります。
尚、このXenServerの上位バージョンではXenMotionとHA機能を提供しており、カタログ上の機能ではVMware Infrastructureとほぼ同等の機能を有しているにも関わらず、価格的には半分以下というコストメリットも提供しているようです。
あとは品質と実績の部分でCitrixを始めとする他社製品がどこまでVMwareに対向できるかといったところでしょうか...。

因みに、ここ最近の景気の動向からしてもこれらのソリューションが爆発的に普及するとは思えないですし、早期に導入しすぎて、大きなコスト負担を抱えてしまったなんて話もあります。(もともと仮想化ソリューションは少なくとも中小零細企業向けではありませんので....。)

といいますのも、マイクロソフトのHiper-Vの提供を発端にVMware ESXiなどサーバー向けのハイパーバイザーが一部無償化されており、このCitrixXenServerでも無償版のExressEditionが提供されています。
実は弊社では、この無償版に着目しており、これらを単なるテスト用などでなく有効利用できないかと期待しております。
VMwareESXiに関しては既に評価済みですが、ハードウェアの互換性を要求される事が多くて少々困りモノです。
CitrixXenServer5.0Exressに関しては、ハードウェア互換の問題は少なく、容易に導入が可能なようです。
ひとまず、インストールとVMの立ち上げ,各種VirtualDisk(NFSからなど)のマウントや利用などまでは、サクッとできました。
さて、肝心の機能、性能、品質などは如何でしょうか?。

本件に関わらず、仮想化ソリューションの導入にご興味のある方は是非ともお問合せください。
高価なソリューションばかりが仮想化ではありません。必ずご要望に応じた仮想化プランをご提案できると思います。

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3719)

空虚な根拠

2009-04-07 13:08:43

大変久しぶりの投稿です。

丁度前回に投稿した時期あたりから、米国の金融問題を発端として
世界的な不況の波が広がっております。日本も例外ではなく、特に
この中部地区は製造業を基盤とした産業構造の色が強い地域なだけに
そのダメージは計り知れないものと思います。

確かに、工業製品にしても不動産にしても明らかに供給過多の状態が
もっと前から始まっていた事は、私自身も実感していました。

我々のようなIT産業においても、あらゆるサービスが無料化していくなど
類似した傾向があるのは否めませんし、相変わらず広告収入をあくまでも基盤としているビジネスが多い事からもそれは明らかです。

これらは、「売れる」「流行る」などの消費に対する希望的観測が導いた
状況であり、「空虚な根拠」に基づいて形成されたものと思います。

最近、同業者様をはじめ他業種の方々とお話しする機会がある度に、
暗い話しが多く、ごく稀には良い話しもある中で、そこに
具体的な根拠」があるかどうかを重要視しています。
やはり、それが希望的観測であり、「空虚な根拠」でしか無い情報には
いろいろな意味で注意や慎重さが必要だからです。

我々は、こういった状況において、単なるITサービスの押し売りでなく
「何ができるのか」「その結果どうなるのか」
といった内容を、より具体化してお客様にご提供できるように
またそれが実現できるように、最大限努力していく必要があると思います。

多種多様な業種で厳しい状況が続くと思いますが、ダメダメ言っていても
良くもなりませんので、我々は些細な事であっても、「具体的な根拠」を
持って、ITサービスのご提供を行っていくつもりですので、
是非ともご相談ください。元気を出しましょう。

元気があれば何でもできます。(誰かのパクリですが...。)

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6225)

Google PageRank

2008-07-30 14:34:57

先日気が付いたら、弊社のコンテンツのGooglePageRankが

何と、「4」になっておりました。

常日頃から、顧客様のサイトの集客率アップやSEO,SEMなどは実施させて頂いておりますが、私どものような会社の場合はなかなか自社サイトのランキングの向上を行う手間が取れないのが事実です。

実際に弊社も特に大きな対策をした訳ではありませんが、ポータルやECサイトなどではなく、一般の企業サイトとしてGooglePageRank 4 の評価を得られたのは嬉しい限りです。

ただ、このGooglePageRankというものは、SEOの検索ランクではありません。(要素の1つではありますが....。)あくまでもGoogle独自の評価値になります。

弊社の場合は、SI・インフラ・Webコンテンツ製作などが中心の為に、専門のSEO,SEM等の順位保証型システムの商材などはプロダクトとして抱えておりませんが、お客様のWebサイトの製作と同時に、実施内容や規模はマチマチですが、必ず何らかのかたちで要求される事ですので、内容次第ではSEO.SEMなども実施させて頂いており、今ではすっかりその分野のノウハウも蓄積してきました。

ですので、そういったサイトの評価品質向上や集客方法、売上UPなどのご相談にも現実的な価格帯と内容でご相談に対応させて頂きます。

是非ともお問合せください。

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4735)

仮想化環境への道

2008-07-11 10:55:12

ここ最近、仮想化によるサーバーコンソリデーション(集中化)などが積極的に行われてきました。

これはサーバーブレード等を販売したいメーカーの思惑などもあり、VMWare関連のソリューションとセットでの広告やプレスリリースの先行の気配もありましたが、少しずつにせよ実際の導入事例も増えつつあります。

昨今のWindowsServer2008のHiper-VやXenSourceを買収して自社プロダクトラインを形成しようとしている仮想化の大御所のCitrixをはじめとして、OracleVMなどトップベンダーが仮想化ソリューションを提供するようになってきました。

そこで、前々から気にはなっていた事が、これらの「互換性と動作保証」の部分です。

あまり大声では言えませんが、この仮想化によるコンソリデーションをメーカーにおだてられて、フライング気味におっぱじめてしまったユーザーでライセンス違反や動作保証無視などの状況が噂されていましたので、弊社ではそういった部分では細心の注意を払って、調査やご提案をさせて頂いておりますが、

あるニュース記事で

「オラクルの常務執行役員 製品戦略統括本部長 三澤智光氏は「DBをはじめとしたオラクル製品は(VMWareやXenといった)Oracle VM以外の仮想化エンジン上の稼働は保証されない」と述べる。」

 とのコメントもありますように、仮想化ソリューションは確かに有効性が高い事は事実ですが、独断と偏見で進めてしまうと後々にとんでもない事にもなりかねません。目先の効果だけに捉われてしまうと全体でのTCOを読み間違える事もあるかと思います。

簡単で便利そうなものほど、慎重に実施すべきなのです。これはビジネスソリューションなのです。全てがユーザー様に都合の良いものなどある訳がないのです。

そういった意味では、仮想化への道はIT投資の縮図なのかもしれません。

是非とも弊社にご相談ください。

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6594)

UPSに関して

2008-06-11 17:35:06

サイトのニュース欄でも記載させて頂きましたが、6/1にONLINE SHOPを再開しました。
今回は、今まで最もお問合せの多かったUPS関連の商品を中心に販売させて頂いております。
ところで皆様、UPSといえば、弊社も正規代理店として販売させて頂いております、APC社のUPSが最もメジャーではないかと思います。

実はサーバー最大手のHPでもUPS関連製品があるのをご存知でしょうか?。こちらがHPのUPS関連のページになります。
APCのインバーター方式(Smart-UPS RT)を除くとほぼ同じような構成になっています。ただ、HPの場合は電源管理ソフトが全商品共通で無償ダウンロードできる部分と商品の保証期間が3年(1年間オンサイト付)という点が異なります。(APCの場合ですと2年保証(センドバック)) ※何れもバッテリーは消耗品扱いとなり保証には含まれませんのでご注意ください。

正直実際にHPのUPSを使用してみると海外製品によくありがちな分かりにくさという点では少し慣れも必要ですが、価格的にはHPの方がアドバンテージの高い製品もございますので、今後のUPSのご導入の際には是非ともHPのUPSも選択肢に加えてみてください。

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3897)

リンク集の公開

2008-04-08 09:39:04

弊社サイトのコンテンツに「リンク集」を追加公開しました。
ひとまず、顧客様サイトを中心にご紹介させて頂いておりますが、
パートナー様との相互リンクなども実施させて頂きますので、
掲載をご希望の際は、遠慮なくご連絡ください。

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4481)

WindowsVista SP1

2008-04-03 10:02:29

VistaのSP1のダウンロードが開始されました。いろいろ注意点もあるようですが、問題視されていたパフォーマンスの改善が行われているうようです。(最大50%???)
さて皆様はもうUpdateされたでしょうか?。

ただ、Vistaの場合は多くのリソースを必要とする部分は変わっていません。貧弱なCPUに1GB程度のメモリのPCでVistaにストレスを感じているユーザー様も多いのではないでしょうか?。

MicroSoftのクライアント向けOSの場合は、最初のSPが出荷されるまでは、なかなかビジネスシーンでは普及しない傾向が見られます

 Vistaの場合はどうでしょうか....(それでもまだまだ...という感じもしますが...。)

因みに私自身は、4GBのメモリを搭載したPCにVistaを稼動させて、WinXP環境を仮想化して残しているという状況です。メール等に関しては仮想OSとの共有フォルダに配置してどちらからでも利用できるようにしています。(こういった利用法をされている方も多いのではないでしょうか?。)

年明けから先月まで、企業の年度末で多くのパソコンのご発注なども頂きましたが、確かに年度末商戦の時期はお得なモデルも多いですし、PCの需要も微量ながら上昇しています。しかし、私どもから見ればそこにターゲットを絞ったメーカー側が過剰生産気味なのではないかという感もあります。

企業年度明けの4月に入って、それらの売れ残り(?)なのかもしれませんが、更にお得なモデルも出てきています。弊社も自社利用用に物色中ですが、昨年度末に買いそびれたという顧客様にはオススメです。逆にこの時期であれば1ランク上のスペックのモデルをGETできるチャンスかもしれませんよ。
そろそろVistaに乗り換えなきゃ....という顧客様は是非ご相談ください。弊社はVMWareのVIPパートナーでもありますので仮想環境なども含めた有効な利用法をご提案させて頂きます。

 

  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4152)

Blogもリスタート

2008-03-31 14:30:40
サイトのリニューアルに伴って、ブログもサイト内のモジュールとしてビルトインしました。リニューアルといいましても、まだまだ未完成のサイトですが、今後いろいろな情報を拡張していくつもりです。どうぞよろしくお願い致します。
  • ビジネス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4132)

« 1 (2)